忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

第10回ハンセンボランティア養成講座終了

第10回ハンセンボランティア養成講座・講座Ⅳが、6月26日(日)にありました。
今年は、24名の参加があり、全員が修了しました。

参加者全員に修了証を授与したのは、今回が初めてではないかと思います。これまでは、申し込みはされても実際には参加されなかった方もごく僅かですが、おられました。

最終日は、13時から14時30分まで、4つのグループに分かれて、入所者の方々の居室を訪問し,4名の入所者の方々から、入所から現在までのさまざまな体験や思いなど貴重なお話を聞きかせていただきました。

そのあと、園内の恩賜会館に戻り、閉講式を行い、今年も、一人ひとりに感謝を込めて、毛筆で修了生の名前を書いて作成した修了証をお渡しできました。

閉講式のあと、オリエンテーリングを行ったあと、懇親会に移り、賛助会員でもある「藤ひろ」さん(http://www.fujihiro-sakuraya.com/)から頂いた、美味しいお寿司を頂きながら、それぞれが今回の講座を受講したきっかけや講座を振り返っての感想や思いを楽しく語り合いました。

参加のきっかけは、知人の紹介、新聞、岡山市民のつどい、大学のゼミの先生の紹介など様々でした。

今回の養成講座を受講して感じた思いを、一人ひとりがあつく語ってくれました。

12名の方が、引き続き、ボランティア登録をしていただきました。



今回、大変お世話になりました邑久光明園園長畑野研太郎先生、看護部の皆様、自治会長を始め入所者の皆様、本当にありがとうございました。













拍手[4回]

PR