忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > ゆいの会ニュース > 10.6市民の集いでの当会会員の「リレートーク」発言要旨

10.6市民の集いでの当会会員の「リレートーク」発言要旨

10月6日(土)に岡山市のロイヤルホテルで開催された「ハンセン病療養所のあしたをひらく市民の集い」の「リレートーク」での、当会の3期生で、医療ソーシャルワーカーの塚田和子さんの発言要旨(全体)を、あらためて、掲載します(当会ニュース「ゆい」第21号より)。

「ゆいの会」は、社会に残るハンセン病に対する偏見や差別の解消、ハンセン病回復者の方の社会復帰や市民との交流などを進めるために、ボランティア養成と活動を目指して、弁護士、医療ソーシャルワーカー、福祉関係者らを中心に、平成16年3月に立ち上げられたボランティア団体である。

ゆいの会結成に先立ち、岡山県医療ソーシャルワーカー協会有志が、(岡山県から依嘱を受け)社会復帰支援員として、長島愛生園と邑久光明園で活動を始めたが、入所者の方が療養所の外で暮らしていくには地域の無理解など様々な課題が山積していることを痛感していた。

そして、園外での生活を希望していた入所者の方への社会復帰支援について話し合う住民集会を開催した際、生活支援におけるボランティアの協力の必要性を感じたことが、ゆいの会発足のきっかけのひとつである。
このような会の成り立ちを心に留め、ボランティアとして自分でできること、求められていることを考えながら活動をしていくことが大切である。

自分がゆいの会のボランティア養成講座を受講したのは、今から3年前の平成16年で、菊池恵楓園入所者の宿泊拒否事件から半年ほどたった頃であった。過去のものと思っていたハンセン病への差別がこうして表面化し、今でもそのような人権を無視した差別が実際に起こっているんだ、ということを初めて知り、自分自身の意識の低さに反省もした。

養成講座ではハンセン病の歴史等の講義や入所者との懇談会、介護実践などを受講した。ハンセン病の歴史は、完全な隔離という非人道的な扱いによって、差別・偏見と隣り合わせに生きていくという苦しみの歴史で、話を聴かせて下さった入所者の方の声の力強さと、その辛い歴史を重ね合わせると、身につまされる思いであった。

自分は愛生園の歴史館案内ボランティアとして活動しているが、その活動の目的は、歴史館見学者にハンセン病に関する歴史を伝え、間違った認識をしている方には正しく理解してもらい、これからの社会でハンセン病のような病による人権侵害が起こらないよう理解を深めてもらうきっかけを作ることだと思っている。

また広報誌「ゆいの会ニュース」の編集にもかかわっており、ボランティアが活動していることを知ってもらうことで、社会や地域が取り組んでいかなければいけない問題であるという意識を持ってもらえたら、と思っている。

ボランティアとして、また、ソーシャルワーカーとして入所者の方々の話を聴く中で、療養所の外に出て生活していくことだけが社会復帰ではなく、入所しながらでも療養所外の人達と交流したり外出したり、その方が希望し、安心できる暮らしを送ることも広い意味での社会復帰なのだと感じている。

誤った政策によって強制隔離され、非人道的な扱いを受けてきた入所者の方の生活を再びおびやかすことがないようl、第二の故郷である療養所で暮らす入所者の方の声に耳を傾け、転園など再び意思に反した生活を送ることになることがあってはならない。

これまでどおり、入所者の方々が安心して暮らせる療養所が、入所者の皆さんと園外の人達との交流を進めるためのボランティア活動を目指すゆいの会の願いである。1人でも多くの方に、歴史を伝え、理解を深めてもらえるよう、活動を続けていきたいと思う(3期生 塚田和子)

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP