忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

ハンセン病・非入所者遺族訴訟の控訴審

1月16日(月)13時30分から、広島高裁松江支部民事部(栂村明剛裁判長)で、ハンセン病・非入所者遺族訴訟(いわゆる「鳥取訴訟」)の控訴審の口頭弁論期日が開かれました(第1審は鳥取地裁)。

一人の原告で闘っている「鳥取訴訟」は、現在、熊本地裁で行われているハンセン病家族訴訟の契機となった訴訟でもあります。

今回、控訴人(第1審原告)側は、「被控訴人鳥取県の無らい県運動への関わりは他県に比して突出していなかった」という被控訴人らの主張に対し、戦前の「十坪住宅建設運動」への積極的関与の実態及び戦後の「無癩県運動」の継続の実態などから反論し、被控訴人鳥取県の国賠法上の責任について改めて論じた「控訴人第2準備書面」を提出(陳述)しました。

また、この日、裁判所は、控訴人側が(控訴人の国賠請求権は時効消滅していないことを立証するために)証人申請していた德田靖之弁護士(控訴審から控訴人代理人に就任)について、証人採用しました。

次回期日(2017年5月29日(月)13時30分~15時)に、德田証人の尋問を行うことになりました。















拍手[3回]

PR

ハンセン病・非入所者遺族訴訟


鳥取地裁から広島高等裁判所松江支部に舞台を移した「ハンセン病・非入所者遺族訴訟」の第2回口頭弁論が、6月15日(水)に開かれました。

この日は、控訴人側から、第1回口頭弁論期日に被控訴人国・鳥取県から提出された答弁書に対して反論した「控訴審第1準備書面」を提出(陳述)するとともに、今回から代理人に加わられた德田弁護士の意見陳述を行いました。

第3回口頭弁論は、被控訴人国・鳥取県が、控訴人の第1準備書面への反論のため、3ヶ月以上先の期日を要求したため、10月17日(月)13時30分となりました。

控訴人側は、この期間に立証準備を進めることになりました。


ハンセン病 家族被害訴訟控訴審 「1審見直しを」 高裁松江で原告側 /島根
http://mainichi.jp/articles/20160616/ddl/k32/040/500000c












拍手[3回]


非入所者遺族訴訟の控訴審第1回口頭弁論が開かれる


3月23日、広島高裁松江支部(塚本伊平裁判長)で、ハンセン病非入所者遺族訴訟(鳥取訴訟)の控訴審第1回口頭弁論が開かれました。

第一審の鳥取地裁は、一般論として、ハンセン病患者であった亡母(非入所患者)とは別に、国のハンセン病隔離政策による、その子ども自身の固有の被害があることを認めつつも、全く不合理な事実認定に基づき、原告には被害はなかったとして、国賠請求を棄却しました。

また、第一審判決は、非入所者である亡母の賠償請求権を相続したとの原告の主張についても、請求権は時効により消滅しているとして、原告の請求を棄却しました。

そのため、原告は控訴し、さらに主張立証を行い、改めて控訴審での判断を仰ぐこととしたものです。第2回期日には、控訴人側から、控訴審での立証計画を提出する予定です。


第2回口頭弁論は、6月15日(水曜日)午後1時30分です。


毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160324/ddl/k32/040/502000c

拍手[1回]


非入所者遺族訴訟(鳥取事件)の控訴審の初回期日

ハンセン病であった亡母親(非入所者)の子が、被告国と鳥取県を訴えているハンセン病非入所者遺族訴訟の控訴審の第1回期日が決定しました。

第1回弁論期日:3月23日(水曜日)13時30分から
裁判所:広島高等裁判所松江支部

鳥取事件の鳥取地方裁判所の判決を契機に、ハンセン病患者であった人の子らが、自らの被害を訴える家族による集団訴訟が立ち上がり、熊本地裁に今年2月に第1次提訴が行われ、3月にも第2次提訴が予定されています。

鳥取事件はひとりの原告で闘っていますが、控訴審ではよい結果を出したいと考えていますので、御支援ください。










拍手[4回]


ハンセン病非入所者遺族訴訟控訴


9月9日,鳥取地裁で,原告の請求を棄却した,ハンセン病・非入所者遺族訴訟判決につき,原告弁護団は,本日付けで,広島高裁松江支部宛の控訴状を鳥取地裁に郵送しました。

1人で立ち上がって5年に及ぶ孤独な闘いをしてきた
原告の請求が,裁判所の杜撰で不合理な事実認定により認められなかったことは,極めて残念ですが,ここで立ち止まることはできない。仕切り直しのつもりで引き続き頑張りたい。



拍手[1回]


鳥取地裁非入所者遺族訴訟の判決期日変更

鳥取地裁に係属しているハンセン病非入所者遺族訴訟(被告は国および鳥取県)の判決期日が,2015年6月26日(金)午後1時10分から,9月9日(水)午後1時10分に変更になりました。
本件訴訟は,国及び地方自治体が一体となって推進してきたハンセン病絶対隔離政策の下において,社会で偏見差別にさらされながら生きてきた非入所者である母の子(遺族)が,国と鳥取県に対して法的責任を追及している訴訟です。






拍手[3回]



鳥取地裁・ハンセン病・非入所者遺族訴訟が結審しました。


2015年2月27日(金)16時50分から,鳥取地裁民事部合議係(
大島雅弘裁判長)で,ハンセン病・非入所者遺族訴訟の第26回口頭弁論が開かれ,双方が,最終準備書面を提出し,約5年に及んだ裁判は結審しました。

同裁判は,ハンセン病患者であった母親の遺族(子)が,ハンセン病強制隔離政策を推進してきた国および地方自治体に対し,国家賠償を請求している初めての訴訟です。

非入所者の遺族は,国がハンセン病補償法の対象とせず,その支援という点で
唯一取り残されてきた存在でした。

判決期日は追って指定となり,3月末までに,裁判所から双方代理人に,判決期日の指定の連絡が入ることになりました。






拍手[2回]


鳥取地裁ハンセン病・非入所者遺族訴訟は,次回から証拠調べ(尋問)期日に入ります


鳥取地裁に係属している非入所者遺族国賠訴訟は,双方の主張が終了し,次回期日から証拠調べ期日に入ります。原告代理人は,ハンセン病国賠訴訟瀬戸内弁護団の3名(近藤,神谷,井上)です。証人は原告側から2名。被告国・鳥取県側からは申請がありませんでした。
期日は,次のとおりです。

10月29日(水曜日) 10:30~12:00 和泉眞藏(証人)  14:00~16:00 宮里良子(証人)

11月5日(水曜日)  10;30~12:00 原告本人(主尋問) 13:30~15:00 原告本人(反対尋問)

今年度内に判決の見通しです。









拍手[1回]


鳥取地裁ハンセン病・非入所者遺族訴訟第14回口頭弁論

2013年2月8日(金)16時から,鳥取地裁民事部合議係(遠藤浩太郎裁判長)で,ハンセン病・非入所者遺族国賠訴訟の第14回口頭弁論が開かれ,その後,進行協議が行われました。

被告(国及び鳥取県)からは,原告第6準備書面及び第8準備書面に対する,反論の準備書面(第7準備書面)が提出されました。

「原告は,非入所患者の子として,国のハンセン病隔離政策のもとで差別偏見を受ける地位に置かれ続ける一方,原告や亡母に対する公的援助は皆無であった」との原告の主張に対して,

被告国及び鳥取県は,

「非入所患者は就労する場合もあるから一概にハンセン病患者の家族が生計困難になるとはいえないし,仮に生計困難に陥った場合には,生活保護を受けることも可能だった。」

「非入所患者の相当数は外来診療を受けていたのであり,非入所患者が一般の医療サービスの対象外であったとはいえない。現に,複数の国立大学のほか,県及びその他の診療機関で診察を受けていた事実がある。」

「被告らは,ハンセン病患者の家族らに対してその偏見差別が及び,かつそれが極めて深刻な被害を生じせしめていることを十分認識していた事実がないのであるから,被告ら(国及び県)に偏見差別を除去する義務があるとか,被告らが,その義務に違反したとは認められない。」

というものです。

非入所者及びその子らが,国のハンセン病隔離政策のもとで,いかに辛く過酷な状況に追い込まれながら生活してきたかという現実を直視しようとしない,国や県が姿勢は何ら変わっていません。

次回には,原告側からも反論の準備書面を提出します。

次回以降の予定は以下のとおりです。
第15回口頭弁論 3月15日(金)11時00分~11時30分
第16回口頭弁論 5月10日(金)14時30分~15時30分





拍手[3回]


        
  • 1
  • 2