忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

岡山での「もういいかい」上映会は終了しました。

4月6日,午前10時30分から,岡山県総合福祉会館で,ハンセンボランティア「ゆいの会」の総会が行われました。

昨年度1年間の活動報告,収支決算,今年度の活動方針,予算などの議事が行われ,無事承認されました。2004年3月に正式に,ハンセンボランティア「ゆいの会」を立ち上げ,今年で10年目に入ります。


総会終了後の午後2時からは,同会館1階の大ホールで,ゆいの会主催の,「もういいかい  ハンセン病と三つの法律」の上映会が行われました。この上映会には,県内の多くの団体から,共催,後援をいただきました。その甲斐もあり,風と雨のなか,約220人の方々が参加していただき,とても好評で,盛況な上映会となりました。一般の市民の方々のほか,長島愛生園,邑久光明園の入所者,職員の方々も参加していただきました。

「もういいかい」は,90年近くに及ぶ,我が国の誤ったハンセン病政策のもとで,ハンセン病を患い,施設に収容された人々に,どのような人生が待ち受けていたのか,その中で,どのように生き抜いてきたのかが,関係者の証言や史料,映像をもとに,じっくりと描かれている作品でした。





拍手[3回]

PR