忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

第7回ハンセンボランティア養成講座が始まりました

6月7日(土)から、当会の、第7回ハンセンボランティア養成講座(全4回、6月7日、6月21日、6月28日、7月5日)が始まりました。

今回は、定員30名のところ定員を超える33名の受講申し込みがありました。
今年は、社会人のほかに、川崎医療福祉大学、関西福祉大学、ノートルダム清心女子大学等の大学生の方々が大勢参加されています。

6月7日(土)は、岡山市西大寺の「ふれあいセンター」で、①医学、②歴史・法律の各講座が実施されました。

①医学は、邑久光明園の牧野正直園長にお願いしました。 
②歴史・法律は「ゆいの会」事務局長で、瀬戸内ハンセン病訴訟弁護団の山本勝敏弁護士が行いました。

いずれも、パワーポイントを用いた、わかりやすい講義で、受講生には大変好評でした。

次回は、6月21日(土)、邑久光明園で行います。
9時30分に赤穂線邑久駅前に集合し、マイクロバスで光明園に向かいます。
自家用車の方は、邑久光明園の駐車場に止めて自治会前に集合してください。

10時~12時 フィールドワーク 案内は邑久光明園入所者自治会役員の方にお願いしています。
         邑久光明園に残る、歴史的施設等を解説を聞きながら巡ります。

13時~15時 介護実践 講師は加藤副看護師長です。



拍手[0回]

PR