忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

第10回ハンセンボランティア養成講座がはじまりました。

2003年から始まったハンセンボランティア養成講座は、今回で記念すべき第10回となりました。登録した受講生は22名となりました。

第1日目前半は、牧野正直邑久光明園名誉園長が、「ハンセン病とハンセン病問題」と題して、主にハンセン病医学についての講義を行いました。

病原性が極めて弱いとされるハンセン病について、その感染、発症、症状、治療方法、後遺症等について詳しく説明をされた。

後半は、長島愛生園の歴史館田村朋久学芸員が、入所者2名の証言を収録したDVD映像も紹介しながら、「歴史館から学ぶ」と題した講義を行いました。


(6/5の講義の様子)


第2回は、6月12日(日)、午後13時~16時10分、邑久町の瀬戸内市社会福祉協議会会議室で行われます。

次回は、関西福祉大学の平松正臣教授が、「ボランティアをはじめる前に」と題した講義と当会会員が、「ボランティア実践から学ぶ」と題した実践報告をします。




拍手[1回]

PR