忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園・邑久光明園でボランティア活動をしています。本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する最新の情報も随時掲載しています。           

100万署名集計
昨日(12月19日)午後4時から、東京都内で、 「ハンセン病療養所の将来構想を進める会」の会合がありました。100万署名の集計などが報告され、ハンセン病問題基本法の内容についての議論、今後の国会請願に向けての取り組みについて議論がなされました。

現在までに全国から約20万署名が集まっているそうです。

このうち、岡山県で、自治会、全医労、弁護団、岡山県医療ソーシャルワーカー協会、街頭署名、そして「ゆいの会」で、集めた署名の合計は約5万署名に達しました。
ご協力いただきました皆様には改めて感謝します。

昨日は、東京に宿泊し、今日朝6時、東京発の新幹線で岡山に戻り、12時から13時まで、岡山市表町の天満屋前の商店街で街頭署名活動を行いました。長島愛生園、邑久光明園の自治会役員、瀬戸内弁護団、支援者等が20人くらい参加しました。
テレビ、新聞の記者の関心も高く、署名も
約350名の市民からいただきました。
NHK、山陽放送などのニュースでも報道されました。
http://www.rsk.co.jp/news/news_local.cgi?id=20071220_8

かつて、戦前、戦後の無らい県運動により、国があらゆる組織、個人を動員して、ハンセン病患者をことごとく社会から排除し、療養所に追い込んだ歴史があります。同じ過ちを繰り返さないためには、こうした歴史を正しく認識することから始めなければならないと思います。







拍手[0回]

PR

コメント

1. 同じ過ち。

薬害C型肝炎訴訟のニュースを見るたびに、国民の命を、自分達の身近な命ととらえない人たちの言動が胸に突き刺さります。
あと80万人。集まりますように。

2. 無題

署名へのご協力ありがとうございます。おかげさまで、9月から始めたばかりの署名運動も大きな成果を生んでいます。
コメントを書く