忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > ハンセン病問題対策協議会 > 平成24年度ハンセン問題対策協議会統一要求書

平成24年度ハンセン問題対策協議会統一要求書

ハンセン病違憲国家賠償請求訴訟原告団協議会,全国ハンセン病療養所入所者自治会,ハンセン病違憲国賠請求訴訟全国弁護団連絡会は,小宮山洋子厚生労働大臣に対して,今年6月22日,都道府県会館で開催される平成24年度ハンセン病問題対策協議会に向けて「統一要求書」を提出しました。

今年は,療養所の将来構想を実効性のあるものとするため,入所者が不在になったのちも,療養所を存続させることを明確にすること,そのために納骨堂のほか,資料室,旧監禁室、旧火葬場をはじめとする療養所諸施設の永続化を検討する委員会の設置を求めることも,初めて,統一要求項目として掲げました。

入所者がたとえいなくなった後においても,我が国のハンセン病政策の負の歴史,そしてそのなかで入所者が生き抜いてきた証を後世にきちんと伝えることは極めて重要な課題であると思います。


統一要求書(pdf)

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP