忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > ハンセン病療養所 > 「地域社会とハンセン病問題」

「地域社会とハンセン病問題」

昨日(4月26日)、瀬戸内市と瀬戸内市教育委員会が主催のシンポジウム「地域社会とハンセン病問題」が、邑久町公民館で開催され、200名余りの市民らが参加しました。

来賓挨拶のなかで、萩原誠司衆議院議員は、厚生労働委員会委員長と会談し、ハンセン病問題に関する基本法の法案の速やかな成立のため、委員長提案の形で法案が提出される見通しであると述べました。

その後、県ハンセン病問題対策協議会の南智会長の基調講演に続き、パネルディスカッションが行われ、二つのハンセン病療養所をもつ瀬戸内市の立岡修二市長は、「県、市、民間の発想を一つにできるような推進母体をつくりたい」と提案しました。

ハンセン病療養所の将来構想については行政任せにすることなく、地域全体で、療養所の入所者の方々の思いや要望をしっかり受け止め、自分たちの問題として考えていくことが重要だと思います。

毎日新聞↓
http://mainichi.jp/area/okayama/news/20080427ddlk33040260000c.html

 

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP