忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > ハンセン病療養所 > シンポジウム 地域社会とハンセン病問題

シンポジウム 地域社会とハンセン病問題

平成20年5月9日には,長島大橋の架橋20周年を迎えますが,岡山県瀬戸内市では,来る4月26日,ハンセン病問題についてのシンポジウムが開催されます。
ぜひ,多くの市民の皆様の参加を!

「シンポジウム 地域社会とハンセン病問題」
http://www.city.setouchi.lg.jp/news/index.html

日時 平成20年4月26日(土)
    開場13:00 開演13:30
開場 瀬戸内市邑久町公民館大ホールhttp://www.city.setouchi.lg.jp/kouminkan/oku_kouminkan.html

入場無料・手話通訳あります。

人権問題の現状と課題を理解し,特に人権問題の一つであるハンセン病問題とハンセン病療養所の現状を踏まえ,療養所を将来どのようにすればいいのか,地域社会の中で療養所としてのあるべき姿を地域全体で考えたい。

(プログラム)
◆基調講演「人権問題の現状と課題」/南智 
岡山県ハンセン病問題対策協議会会長,元ノートルダム清心女子大教授

◆パネルディスカッション
コーディネーター 
南  智

パネリスト
徳山雅之 前岡山県保健福祉部健康対策課長(井笠保健所長)
屋猛司  岡山県内のハンセン病療養所の将来構想をすすめる会会長代理
井上雅雄 ハンセン病違憲国賠訴訟瀬戸内弁護団弁護士
赤木賢二 瀬戸内市議会議員
立岡脩二 瀬戸内市長


主催 瀬戸内市,瀬戸内市教育委員会
共催 岡山県内のハンセン病療養所の将来構想をすすめる会
後援 岡山県,岡山地方法務局備前支局,備前人権擁護委員協議会,朝日新聞岡山総局,岡山日日新聞社,OHK岡山放送,産経新聞岡山支局,山陽新聞社,RSK山陽放送,KSB瀬戸内海放送,RNC西日本放送,NHK岡山放送局,毎日新聞岡山支局,読売新聞大阪本社

お問い合わせ先:瀬戸内市役所市民課人権啓発室
TEL:0869-22-3922 FAX0869-22-3973
jinken@city.setouchi.lg.jp

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP