忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園・邑久光明園でボランティア活動をしています。本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する最新の情報も随時掲載しています。           

大島青松園官用船問題 厚労省「民間委託変えず」
 国立療養所大島青松園で、大島青松園と高松等を結ぶ官用船について、職員の退職に伴い一部を民間委託する方針を、厚生労働省が打ち出している件について、厚生労働省は、今月8日,入所者自治会に、民間委託の方針を変更しないと伝えた。
しかし、自治会は.国の責任放棄であるとして、これに反対の意思を伝えた。統一交渉団も、民間委託には強く反対している。

http://mainichi.jp/area/kagawa/news/20101009ddlk37040566000c.html
ハンセン病療養所:大島青松園官用船問題 自治会に具体案提示--厚労省 /香川

 ◇「民間委託変えず」

 国立ハンセン病療養所「大島青松園」(高松市庵治町)の官用船民間委託問題で、厚生労働省政策医療課国立ハンセン病療養所管理室の2人が8日、同園を訪れ、入所者自治会(山本隆久会長)に改めて民間委託の方針を説明した。訪問は2回目で前回よりも具体的な運航計画案を示し、理解を求めた。自治会は前日の7日に審議決定機関「代議員会」を開いて「民間委託に反対する」という基本方針を再確認しており、後日対応を協議する。

 厚労省は、大島と高松、庵治の2港を結ぶ2隻の官用船を運航する職員のうち、2人が今年度末で定年退職となるが、その後も補充はせず、1隻を民間委託する方針を決定。8月末に担当の2人が来園して説明した。しかし、自治会は先月6日と同月22日付の会長名の文書で、反対の意思表示をしていた。

 厚労省担当者や自治会によると、大型のせいしょう(定員180人、82トン)を民間委託し、増便や教育の徹底でサービスを向上させると説明した。また夜間などの緊急事態にも対応できる措置を取るとした。

 厚労省担当者は取材に対し「民間委託の方針は変わらない」と強調。「運航を業者に委託することは責任放棄でない。国直営でなくても、航路を維持することが責任。中身については今以上のことをやる」とし「民間委託によって療養所の地域開放にもつながる」と話した。【三上健太郎】

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く