忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > ハンセン病療養所 > 長島愛生園で「ふれあいボランティア」を始める

長島愛生園で「ふれあいボランティア」を始める

国立療養所長島愛生園では、終末期サポートチームを立ち上げています。

5月13日、14日、岡山市で第84回日本ハンセン病学会総会・学術大会が開催され、同園の看護副部長の難波富子さんが、2日目の一般演題のなかで、「ハンセン病療養所における終末期サポートとは ~終末期サポートチームの立ち上げ~」と題した報告を行いました。

当会も、ボランティアとしてこのサポートに関わっています。市民ボランティアが、国立ハンセン病療養所でのこうしたサポートに参画するのは、全国でもはじめての試みのようです。

当会では、「ふれあいボランティア」と名付けて、今年の5月から週一回活動をはじめました。

当会のボランティアが、愛生園に出かけていき、これまでお話相手もなく、ひたすら部屋で一日を過ごしておられた方と、あたらしく始めたサポートのために設置した談話室で、一緒にコーヒーやお茶を飲んだり、お話をしながら、ひとときを過ごすという試みです。


実際に参加された入所者の方には、好評であったと聞いています。看護副部長の難波さんは、談話室のテラスをイングリッシュガーデンにして、入所者の方がボランティア等の交流などもさかんにして、充実した人生をすごせるような場所をつくれないかと、新しい構想ももっておられるようです。




拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP