忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 岡山県ハンセン病問題対策協議会 > 岡山県 社会復帰支援員制度が廃止されることになりました。

岡山県 社会復帰支援員制度が廃止されることになりました。

岡山県は,8月26日開催された,本年度第1回岡山県ハンセン病問題対策協議会で,岡山県医療ソーシャルワーカー協会に委託して実施してきた,国立療養所長島愛生園と邑久光明園での社会復帰支援事業を,今年度で廃止する方針を明らかにしました。

同制度は,熊本判決後,岡山県が,全国に先駆けて行ってきたものですが,現在,社会復帰の相談がほぼなくなり,岡山県ソーシャルワーカー協会からの復帰支援活動停止の意向が示され,県が廃止の方針を明らかにしたものです。

今後は,社会復帰支援員として活動してきたソーシャルワーカーの中の有志の方々については,ハンセンボランティア「ゆいの会」の活動のなかに加わってボランティア活動に参加していただける方向で,協会の中で協議がされているようです。

是非,多くのソーシャルワーカーの方々が,参加してくれることを期待しています。



ハンセン病:入所者支援、社会交流が中心に 高齢化受け対応協議--県対策協 /岡山 - 毎日jp(毎日新聞)

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP