忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

RSK山陽放送イブニングニュースで特集番組

1月26日(木)18時15分からのRSK山陽放送のイブニングニュースで,下記の特集番組があります。時間は7~8分とのことです。


昨年12月に,市民グループ「ハンセン病問題を共に考える会・みえ」が主催し,三重県四日市市総合会館(同市諏訪町)で開催した,故島田等さん(国立療養所長島愛生園の入所者で,1995年に,69歳で死去)の著書や詩などを展示した作品展を取材した番組です。


島田等さんは,1926年に,三重県で生まれ,1947年に,三重県から29名の人々と共に,長島愛生園に収容されました。

収容後しばらくは青年舎に生活していましたが,その後,結核を患い,1949年から10年間,結核病棟で過ごしています。

その頃から,詩作を始めるとともに,全国の療養所の詩人によびかけ,「らい詩人集団」を結成し,詩誌を発刊します。

島田等さんは,長島愛生園入所者自治会50年史「隔絶の里程」の編纂に心血を注ぐ一方,「病棄て」「返礼」「次の冬」などを出版されています。

また,島田さんが亡くなった後,島田さんの遺志により,最晩年の詩と評論,書評などを,宇佐美治さんが編集した「花」(手帖社)が
1996年に出版されています。










拍手[0回]

PR