忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 日記 > 山陽新聞夕刊「一日一題」

山陽新聞夕刊「一日一題」

山陽新聞夕刊「一日一題」欄に、国立療養所邑久光明園牧野正直園長が、ハンセン病をテーマとしたコラムを連載(火曜日:全8回)されています。毎回、楽しみに読ませていますが、大変好評だそうです。

7月15日(火)の「一日一題」(第7回)では、ハンセン病療養所には不思議なものがあるとして、納骨堂、火葬場、園名(偽名)をとりあげ、昨年暮れに邑久光明園でなくなった詩人・中山秋夫氏の、これらにかかわる川柳を紹介し、その川柳に込めた中山さんの思いをえがいています。
ぜひ、図書館等でご覧ください。


先日は、知人から、光明園盲人会発行の「白杖」の中山秋夫さんの追悼号をいただきました。中山さんの有名な詩「責め」は、瀬戸内訴訟の訴状の冒頭を飾っていますが、中山さんは、岡山地裁での「ハンセン病国賠訴訟」の原告団団長として、同訴訟の精神的な支柱でもありました。





拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP