忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

『埋もれた証言』~長島そしてベルゲンから見えた真実(仮題)

第6回ハンセン病市民学会iN瀬戸内総会・交流集会から10日が経ち、日常の業務に戻っていますが、現地実行委員は、いまだ疲れがとれていない人が多いようです。

さて、平成22年5月29日(土)15:00~16:00(予定)に、RSK山陽放送で、「埋もれた証言」~長島そしてベルゲンから見えた真実(仮題)が放送されます。

是非、ご覧ください。

以下は、同番組の『企画書』より引用。

今年で開園から80年になるハンセン病療養所・長島愛生園。その歴史館の倉庫から、入所者の生々しい証言テープが見つかった。証言の聞き手は、同じ入所者の故・島田等(1995年死亡)。
ハンセン病患者への終生にわたる強制隔離、断種・堕胎。
入所者の人権を無視した日本の政策を強く批判していた。
『なぜ日本はハンセン病・医療政策で、世界をリードしたノルウエーを模範としなかったのか?』島田は問いかけている。
日本のメディアとしては、初めて先進地・ノルウエーを取材した。
患者の人権を尊重したノルウエー、一方、人権を無視した日本。
その政策の違いは入所者とその家族の人生を明暗を分けた。
病者、障害者、高齢者。差別・偏見がなくならない現実の中で、患者の『人権』とは、どういうものか?何か?を問いかける。


拍手[0回]

PR