忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 書籍・映画 > 大谷藤郎著「ひかりの足跡 ハンセン病・精神障害とわが師わが友」

大谷藤郎著「ひかりの足跡 ハンセン病・精神障害とわが師わが友」

大谷藤郎先生の新著「ひかりの足跡  ハンセン病・精神障害とわが師 わが友」が、(株)メヂカルフレンド社から出版されました。

7ae3a38c.jpgA5判/532頁/定価4,725(本体4,500円+税5%) ISBN:978-4-8392-1290-2 第1版/2009年 08月

 

 

 

 

 

目次

 

本書の構成―師、友と出会い、学び得たこと
第一章 ハンセン病・国家権力と闘ったわが師、わが友
第二章 社会医学の遥かな道―私が見た先駆者たちの足跡
第三章 人間を見よ―こころを病むとは何か
第四章 黙々生きる障害児・者こそ「世の光」だ
重症心身障害者、筋ジストロフィー、難病
第五章 漂流か、夢見ただけか―戦後日本の医学・医療の流れの中で
第六章 わが友ハンセン病・戦中派四人組は叫ぶ
第七章 歩もうとした道―私の社会観・人生論

 

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP