忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 書籍・映画 > 崔南龍(チェナムヨン)写真帖「島の65年」

崔南龍(チェナムヨン)写真帖「島の65年」

今日の午後、相続財産管理人の仕事で、しばらくぶりに長島愛生園に行ってきました。懐かしい景色をみて、あらためて崔南龍さんの写真集をめくっています。
「崔南龍写真帖 島の65年 ハンセン病療養所邑久光明園から」は、2006年12月に、(株)解放出版社から発行されました。
4-7592-6704-2.jpg




崔さんは、1931年に神戸市春日野道に生まれ、41年7月15日、10歳のときに、国立療養所邑久光明園に入所し、園内の少年少女舎「双葉寮」で療養生活。同時に園長が校長となっている園内の「光明学園」小学校4年に編入。

以来、65年にわたり、長島で暮らしている。

崔さんは、ハンセン病問題に関する検証会議が、邑久光明園で開催されたときに、検証会議委員の前で、入所者の一人として体験を語られた方で、私が聴き取りの担当をさせていただいた方です。

この写真帖には、懐かしい風景が、沢山写真に収まっています。今は亡き千葉さんや竹村さんのなつかしい姿も。

「光明学園」は、屋根等の補修工事が行われ、近々、邑久光明園の「資料室」として生まれ変わるとのことです。楽しみにしています。

長島全体が、ながくハンセン病の歴史を後世に伝える場として、また人権の大切さを学ぶ場として、末永く残されていくことを願っています。

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP