忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 療養所の将来構想 > ハンセン病療養所の将来構想をすすめる岡山の会

ハンセン病療養所の将来構想をすすめる岡山の会

5月18日午後2時から4時まで、ハンセン病療養所の将来構想をすすめる岡山の会の会議が、邑久光明園自治会であり、私と平井昭夫弁護士、井上雅雄弁護士の三人で出席しました。

・5月15日の厚生労働省の建物保存検討作業部会の調査の報告
・将来構想案策定に向けた取り組み
・地域議員懇談会(岡山)の次回開催
・将来構想の一貫として、愛生歴史館を国の資料館として位置づけ、学芸員2名を確保することに取り組むこと
・岡山県、瀬戸内市の「するめる会」参加への呼びかけ
などについて討議をしました。


岡山県の「すすめる会」は、自治会、全医労、弁護団で構成されており、次回からは、岡山県と瀬戸内市にも参加を呼びかけることになっており、県、瀬戸内市にも、一緒に、療養所の将来について考えてもらいたいと考えています。


拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP