忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園・邑久光明園でボランティア活動をしています。本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する最新の情報も随時掲載しています。           

大島青松園の将来構想を検討する「大島の在り方を考える会」が第1回会合を開く
国立療養所大島青松園の将来構想を考える「大島の在り方を考える会」の第1回会合が,7月19日大島青松園で開催されたそうです。今後のなりゆきに注目したいと思います。

同会は,設置要綱第1条で, 大島青松園の歴史等を後世に伝えていくとともに,大島全体の今後の在り方について検討するに当たり,広く市民等の意見を聴くため,大島の在り方を考える会(以下「考える会」という。)を置くと定めています。

第1回会合で,会長に高松中央高等学校校長・吉田莞爾氏を選出し,今後,平成26年2月下旬までに2回の会合を持ち,振興に向けた基本的な考えについて意見集約を図り,さらに平成26年7月から平成27年2月までの3回の会合で,大島振興方策について意見集約を図るとしています。

高松市のホームページで,会の議事録や資料等が公開されています。
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/21378.html




拍手[4回]

PR

コメント

コメントを書く