忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 講演会・シンポジウム > ハンセン病に関する夏休み親と子のシンポジウム

ハンセン病に関する夏休み親と子のシンポジウム

岡山市内で、ハンセン病に関するシンポジウムが、下記のとおり開催されます。

「ハンセン病に関する夏休み親と子のシンポジウム」
主催:法務省/全国人権擁護委員連合会/岡山地方法務局/岡山県人権擁護委員連合会
日時:7月27日(日)13:30~
場所:山陽新聞社 さん太ホール(岡山市柳町)
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyo/company/santa_guide/hall.html

(1)基調講演

「病気と偏見―ハンセン病から学ぶこと」藤田邦雄園長(国立療養所長島愛生園)
「ハンセン病療養所の現状」中尾伸治入所者自治会副会長(同園)
「ハンセン病問題の現状」屋猛司入所者自治会長(国立療養所邑久光明園)

(2)パネルディスカッション 
講師3名と地元の中高生4人

(3)ビデオ上映
   「未来への虹ーぼくのおじさんは、ハンセン病ー」
原作 船橋秀彦/平沢保治
(ぼくのおじさんは、ハンセン病」より
監督 四分一節子 

(4)無料。定員三百人で先着順。

(5)問い合わせ先:法務局人権擁護課 TEL086-224-5761

中国新聞の紹介記事↓
http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An200807220223.html  

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP