忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 講演会・シンポジウム > ハンセン病問題を考える集会(岡山弁護士会)

ハンセン病問題を考える集会(岡山弁護士会)

昨日(日)午後2時から、岡山弁護士会で、ハンセン病問題を考える集会がありました。

1.弁護士德田靖之さんの「ハンセン病問題が私たちに問いかけるもの」と題する講演と、
2.德田さん、国立療養所長島愛生園入所者自治会長中尾伸治さん、邑久光明園入所者自治会長屋猛司さん、長島愛生園歴史館学芸員田村朋久さんの四人によるシンポジウム
の二部構成で行われました。

皆さんのお話をお聞きし、ハンセン病問題について、私たち市民一人ひとりが、自らのなかに潜む差別意識にしっかり目を向けるとともに、自分の問題として捉えことの大切さ、そして療養所の将来については、今後、市民による積極的に関わりが、一層強く求められていることを再確認しました。


ハンセン病の歴史と課題考える 岡山弁護士会が集会 - 山陽新聞地域ニュース

拍手[1回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP