忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園・邑久光明園でボランティア活動をしています。本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する最新の情報も随時掲載しています。           

長島愛生園歴史館の運営ボランティア
「ゆいの会」では、会員が、長島愛生園歴史館の運営ボランティア(主に土日)を行っています。

26日(土)は、来館者の予約(約70名のグループ)が入っており、午前11時30分から4時30分ころまで、長島愛生園歴史館の運営ボランティアで出かけてきました。

館内1時間と園内のフィールドワーク(患者収容桟橋、収容所、監房、納骨堂)1時間余りを行いました。来館者の方々から質問を受けたり、いろいろお話をするのも楽しみの一つです。

そのほかに、島根大学の学生の方々や数組の個人のグループなどが見学に来られました。

歴史館閉館後、帰りのバスの時間までのわずかな間、宇佐美治さんの部屋を訪ねました。近々、11日間の日程で、インドで行われる国際ハンセン病学会とIDEAの会議に出かけ、スピーチも行うという話を伺いました。80歳になっても衰えることのない探求心と行動力には驚きました。


 
 

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く