忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

国立ハンセン病療養所でのガイドボランティア

 「ゆいの会」では、ボランティア活動の一つとして、国立療養所長島愛生園において、土・日に、あらかじめ予約をされて歴史館を訪問された方のために、愛生歴史館の館内を案内し、さらに希望される方には、園内の歴史的施設などを案内するボランティア活動をしています。

この活動は、長島愛生園にある愛生歴史館(http://ww32.tiki.ne.jp/~jitikai/menu.htm)の開設と同時に始まりました。

歴史館運営ボランティアその他のボランティアを養成する「ハンセンボランティア養成講座」を毎年開催しています。
講座は、歴史・人権、医学、介護実践、ボランティア学、療養所でのフィールドワーク、入所者との懇談などを、4日間で行っています。

今年も第8回目を開催する予定です。

最近、沖縄愛楽園においても、園内の施設をガイドするボランティアを養成する講座が始まっていると聞いています。菊池恵楓園でも、今年の3月からガイド養成講座を開催することになっているようです。

沖縄愛楽園では、愛楽園入所者自治会とハンセン病問題ネットワーク沖縄が主催(http://hanetokinawa.ti-da.net/e2300294.html)
 
菊池恵楓園は、菊池恵楓園の将来を考える会が主催です。


こうした市民の活動がぜひとも継続することを願っています。




 

拍手[0回]

PR