忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

国立療養所沖縄愛楽園,来年11月ハンセン病資料館開館

国立療養所沖縄愛楽園に,来年,ハンセン病資料館が新築されるそうです。

運営の詳細はまだ分かりませんが,ぜひ,長島愛生園歴史館のように,土日などにも市民の方々が利用できるよう,市民ボランティアにも,資料館運営に加わって欲しいと思います。

沖縄タイムス | 愛楽園資料館が来年11月開館

国立ハンセン病療養所・沖縄愛楽園(名護市)が、国による強制隔離政策の歴史を伝える資料館を、来年11月に開館することが20日までに分かった。東日本大震災の影響で国の予算計上が遅れ、ようやく建設計画が固まった。全国13カ所の国立療養所で、資料館を新築するのは初めて。愛楽園の将来構想の柱をなすだけに、準備を進める入所者自治会は「長年の隔離で患者の尊厳が奪われ、沖縄戦で多くが犠牲になった事実を伝えたい」としている。(新里健)

 

拍手[2回]

PR