忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > ハンセン病療養所 > 菊池医療刑務支所跡の売却は中止に

菊池医療刑務支所跡の売却は中止に

国立ハンセン病療養所菊池恵楓園(熊本県)に隣接する菊池医療刑務支所跡を一括売却する話が進んでいましたが、このたび、九州財務局は、この一括売却を中止すると発表しました。

全国ハンセン病療養所入所者協議会、ハンセン病違憲国家賠償訴訟全国原告団協議会、同全国弁護団連絡会も、売却中止の要請書を法務省、厚生労働省に提出していました。

 《熊日新聞》 2008年9月18日
http://kumanichi.com/feature/hansen/kiji/20080918001.shtml

九州財務局は十七日、合志市の国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園に隣接するハンセン病患者専用の菊池医療刑務支所跡などの一括売却を中止すると発表した。
同日、同局に厚生労働省から「今後、歴史的建造物として保存を検討する必要があり、売却を当分中止してほしい」という連絡があったためという。同局は十八日、入札中止の公示をする予定。

刑務所跡は今月四日、同局が一般競争入札の実施を公示。しかし、同園の入所者自治会(工藤昌敏会長)が十日、同局に対して「保存して、ハンセン病問題の正しい知識の普及や人権啓発のために活用してほしい」と要望。元の所管である厚労省や法務省にも申し入れをしていた。
入札中止が決まったのは、同刑務所跡のほか、恵楓園の東宿舎があった敷地を含めた計約五万七千七百平方メートル。
入所者自治会の志村康副会長(75)は「素早い対応で、とても喜んでいる。今後は厚労省の方針待ちだが、ハンセン病患者への人権侵害を物語る歴史的な資料であり、ぜひ啓発に活用してほしい」と話した。
同刑務所は、全国の療養所内の監禁所が廃止になったのを受け、それに代わる治安維持施設として一九五三年に開設。八六年に建て替えられたが、らい予防法廃止後の九七年四月に閉鎖された。
(浪床敬子)

拍手[0回]

PR

1 Comment

菊池医療刑務支所売却問題

皆さんこんにちは
新憲法下、重監房が否定されてからできた熊本刑務所菊池医療刑務支所の売却は中止されました。写真を数葉、載せましたので、小生のBBSをご覧ください。

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP