忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

「ちぎられた心を抱いて-隔離の中で生きた子どもたち-」

以前にも紹介しましたが、東京都東村山市青葉町4-1-13(多磨全生園東側)にある国立ハンセン病資料館では、2008年度秋季企画展 「ちぎられた心を抱いて -隔離の中で生きた子どもたち-」 が、現在開催されています。
http://www.hansen-dis.or.jp/exhibition/planning.html

会期は、2008年(平成20年)9月27日(土)~11月30日(日)です。

先日、国立ハンセン病資料館からハンセンボランティア「ゆいの会」事務局に、上記特別展示のために出版された小冊子が送られてきました。

小冊子に掲載されている写真をみていると、幼い頃に家族と引き離され、ハンセン病療養所に収容されて、そこで生きた子どもたちの声が聞こえるようです。

機会があれば、ぜひ立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

拍手[0回]

PR