忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 新聞記事・テレビ番組 > ハンセン病問題のこれからを考える国際シンポジウム(岡山)

ハンセン病問題のこれからを考える国際シンポジウム(岡山)

10月29日(土)に,岡山市のアークホテルで開催された,「ハンセン病問題のこれからを考える国際シンポジウム」関連の記事が,毎日新聞と山陽新聞に掲載されました。

シンポジウムのパネリストのブラジルの回復者社会復帰運動「MORHAN(Movimento de Reintegracao das pessoas Atingidas pela anseniase)」の副全国コーディネーターのクリスチャーノ・トレスさんが,「療養所の門の中で何があったのか。どのような生活を送ってきたのかを世界中に公開したい。」と訴えられたのが,とても印象的でした。

ハンセン病療養所を歴史保存することの大切さを強く思いました。


Morhan
http://www.morhan.org.br/




ハンセン病国際シンポ:隔離政策、歴史語る−−岡山・北区 /岡山- 毎日jp(毎日新聞)

ハンセン病隔離政策の実態学ぶ 海外の支援団体が愛生園訪問 - 山陽新聞ニュース

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP