忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

山陽新聞でハンセン病問題の連載中です
今年に入って,山陽新聞で,ハンセン病問題から何を学び,何を将来に語り継いでいくべきかという視点から,ハンセン病問題の連載企画【語り継ぐハンセン病 瀬戸内3園から】がスタートしています。

現在,3回のプロローグ「引き裂かれた家族」(上・中・下)に続いて,当事者からの聞き取りを中心にして,第1部の連載が始まっています。第1部「隔離の島」は,戦前から戦後まもなくにかけて強力に進められた"隔離"の実態と、患者の苦難の人生を明らかにすることをテーマとしています。

第1部は、11回の記事が掲載されるとのことです。


予定では,5部構成で,全50回くらいの連載となるそうです 。

興味のある方は,ぜひご覧ください。









拍手[3回]

PR

コメント

コメントを書く