忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 新聞記事・テレビ番組 > 菊池事件連続企画実行委員会主催「新あつい壁」上映会

菊池事件連続企画実行委員会主催「新あつい壁」上映会

菊池事件連続企画実行委員会主催の「新あつい壁」上映会が,国立療養所菊池恵楓園で,開催され,2回上映で200人余りの市民が参加しました。

上映の合間に講演した中山節夫監督(74)=同市出身=は,「(ハンセン病への)差別が彼を死に追いやったと思う。」と,菊地事件が,ハンセン病への偏見差別が生んだ冤罪事件であったと述べ,「あつい壁」に続き,「新あつい壁」を作った思いを語った。

上映会は、菊池恵楓園入所者自治会,ハンセン病国賠弁護団,その他市民団体などが構成団体となっている,「菊池事件連続企画実行委員会」が,菊池事件について,広く市民に知ってもらうために開きました。


同委員会は,菊池事件の再審請求の実現を目指しており、年内に、菊池事件に関わる現地の調査や,複数回のシンポジウムの開催を予定しています。








西日本新聞2012.2.6
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/285806

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP