忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

原爆症認定岡山訴訟が結審

原爆症認定訴訟(岡山地裁第1民事部係属)が、平成18年(2006年)11月2日の提訴以来、3年3ヶ月を経て、16日に結審した。

この日は、原告川中さんと弁護団からの意見陳述が行われた。原告の川中さんは、残された被爆者は被曝の実相を明らかにし、体験、経験を通して後世に伝えていく義務があると思い、この裁判を闘ってきたと述べ、提訴して3年の間に、原告として体験し得たことは、これからの人生に生かしていくうえで、とても意味あるものとなったと語り、裁判所には、被爆者に寄り添った温かい気持ちを注いで欲しい、心ある裁判であることを願ってやまないと訴えました。

この日は、被告国も意見陳述を行い、すべての審理を終了した。

判決は、5月25日16時30分と指定された。


拍手[0回]

PR