忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園・邑久光明園でボランティア活動をしています。本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する最新の情報も随時掲載しています。           

「ドンベク・アガシ(椿娘)」
『ドンべク・アガシ(椿娘)』
(監督 朴貞淑(パク・ジョンスク) 77分、韓国)

昨年の3月30日のブログで、少し紹介しましたドキュメンタリー映画『ドンベク・アガシ』が、国内で初めて上映されます。

日時:2008年2月16日(土)午後6時50分
場所:角筈区民ホール
〒160-0023
新宿区西新宿4丁目33番7号
TEL:03-3377-1372
FAX:03-3377-1073
 
info@shinjuku-kuminhall.co

韓国全羅南道高興郡にある島「小鹿島」。
日本の植民地時代、日本が、その島につくったハンセン病療養所「小鹿島(ソロクト)更生園」に収容され、戦後もソロクトで暮らしてきたハンセン病回復者を描いたドキュメンタリー映画です。

4歳のとき、ハンセン病患者であった両親とともに,小鹿島(ソロクト)に入り、78歳になった今も、その地で暮らしているイヘンシムさんの一生を通じて、植民地時代にハンセン病患者が耐えねばならなかった苦悩と、解放後の彼らの前に立ちはだかった厳しい現実を描いています。
イヘンシムさんは、ハンセン病ソロクト訴訟の原告でもあります。

機会があれば、ご覧ください。

www.docuheemang.com/(日本語のHP)

拍手[0回]

PR

コメント

1. いきます!!

きっと、行きます!!情報提供ありがとうございます。
一緒に考え、見に行ける人がいるといいな、と願います。
コメントを書く