忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園・邑久光明園でボランティア活動をしています。本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する最新の情報も随時掲載しています。           

台湾の日本統治期のハンセン病療養所一部取り壊しへ
台湾の日本統治期につくられたハンセン病療養所「台湾楽生院」の施設が、都市高速鉄道の車両基地建設のため、一部取り壊されました。

これに関しては、ハンセン病の差別の歴史や当時の建築物を保存のための運動により、ここ4年ほどは、鉄道建設工事が中断していました。

しかし、台湾政府は、このたび、強制執行を再開し、楽生院を古跡として保存することを求めて座り込みを行っていた学生らを強制的に排除し、施設の一部の取り壊しを始めたそうです。
 
毎日新聞
台湾の日本統治期のハンセン病療養所、一部取り壊しへ
http://mainichi.jp/select/world/news/20081204k0000m030068000c.html

拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く