忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 海外事情 > 台湾の楽生療養院の立退き問題

台湾の楽生療養院の立退き問題

台湾にある楽生療養院は,日本統治下時代には,楽生院と呼ばれていましたが,現在も,豊かな緑のなかに,故郷を追われ,家族との絆を絶たれ強制収容された人たちが,大勢暮らしています。

そして,今,近代化の名の下に,終の棲家となった住居を再び追われようとしています。

ソロクト・楽生院訴訟日韓弁護団は,これらの人たちの居住権が一方的に奪われることのないよう,台湾政府に要請書を提出しました。

また,4月15日には,台北で,日・韓・台の弁護団の共催で,ハンセン病問題人権シンポジウムが開催されます。

拍手[0回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP