忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

シンポジウム「菊地事件と無らい県運動」

8月11日,菊地事件連続講座実行委員会主催のシンポジウム「菊地事件と無らい県運動」が,菊地恵楓園恵楓会館で開催されました。

特別講演: 熊本日日新聞社本田清悟氏 「新聞は菊地事件をどう報じたか」では,地元の熊本日日新聞が,菊地事件をどう報じてきたかを検証し,過去と向き合いどのような教訓を導き出すかが重要であると語りました。

パネルディスカッション:「菊地事件と無らい県運動」(パネリスト小松裕氏(熊本大学),徳田靖之氏(弁護士))

我が国及び熊本県における無らい県運動の概要や,現在熊本県がおこなっている無らい県運動の検証の現状,無らい県運動が菊地事件とどう関わっていたのかなどについてディスカッションが行われました。

そのうえで,同事件再審弁護団が,9月末には,刑事訴訟法439条1項1号で再審請求権者と定められている検察官に再審請求を行うことを求める手続に入ることを決めたことが明らかにされました。



西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/318116

拍手[1回]

PR