忍者ブログ
岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           
今年のハンセン病市民学会in名護・宮古で企画された、八重山のハンセン病の歴史を巡るツアーについて、琉球朝日放送が、レポートしています。

1916(大正6)年、日本政府は、内務大臣管轄下に保健衛生調査会を設置した。
第四部会に光田健輔も委員に名を連ね、このなかで、光田は、「放浪患者」のみ隔離収容するのではなく、全てのハンセン病患者を隔離することを強く主張し、その構想実現のために行動を始めました。

光田健輔は、こうした絶対隔離の場所として、沖縄県の西表島や岡山県の鹿久居島・長島などの離島を調査しました。

1917(大正7)年1月、光田健輔は、後藤新平内務大臣に、西表島を最適とする報告をしました。

しかし、西表島は、マラリアの多発地帯であったため、光田健輔の、「西表島」構想は、内務省の採用するところとならなかった。

代わって候補地とされたのは、岡山県瀬戸内市邑久町の長島であった。




琉球朝日放送 報道部 » Qリポート ハンセン病隔離構想の島

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
第10回ハンセンボランティア養成講座 講座(3)が開催されました。 HOME 第10回ハンセンボラティア養成講座(講座Ⅱ)が開催されました。
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
最近コメント
[07/26 庄司勝志]
[07/15 管理者]
[07/14 あ]
[07/06 近藤剛]
[07/06 牧 口  明]
プロフィール
プロフィール
HN:
近藤剛(こんどう つよし)
HP:
性別:
男性
職業:
弁護士 (岡山弁護士会所属)
自己紹介:
ハンセンボランティア「ゆいの会」会長
ハンセン病国賠訴訟瀬戸内弁護団事務局長
日弁連国内人権機関実現委員会 委員長
日弁連国際人権条約(自由権・拷問等禁止・強制失踪・人種差別撤廃)ワーキンググループ委員

岡山県倉敷市松島563番地
近藤剛法律事務所
TEL086-463-6663
FAX086-463-6673
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
ページ