忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

Home > ブログ > 新聞記事・テレビ番組 > 琉球朝日放送「ハンセン病隔離構想の島」

琉球朝日放送「ハンセン病隔離構想の島」

今年のハンセン病市民学会in名護・宮古で企画された、八重山のハンセン病の歴史を巡るツアーについて、琉球朝日放送が、レポートしています。

1916(大正6)年、日本政府は、内務大臣管轄下に保健衛生調査会を設置した。
第四部会に光田健輔も委員に名を連ね、このなかで、光田は、「放浪患者」のみ隔離収容するのではなく、全てのハンセン病患者を隔離することを強く主張し、その構想実現のために行動を始めました。

光田健輔は、こうした絶対隔離の場所として、沖縄県の西表島や岡山県の鹿久居島・長島などの離島を調査しました。

1917(大正7)年1月、光田健輔は、後藤新平内務大臣に、西表島を最適とする報告をしました。

しかし、西表島は、マラリアの多発地帯であったため、光田健輔の、「西表島」構想は、内務省の採用するところとならなかった。

代わって候補地とされたのは、岡山県瀬戸内市邑久町の長島であった。




琉球朝日放送 報道部 » Qリポート ハンセン病隔離構想の島

拍手[2回]

PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP