忍者ブログ

ハンセンボランティア「ゆいの会」

岡山県瀬戸内市邑久町にある国立ハンセン病療養所長島愛生園 ・邑久光明園でボランティア活動をしています。 本ブログでは,当会の活動のほか,ハンセン病問題に関する 最新の情報も随時掲載しています。           

結純子さんの一人芝居「地面の底がぬけたんです」 上演100回を達成

結純子さんの一人芝居「地面の底がぬけたんです」が、2001年から演じ続け、上演回数100回を達成したそうです。

一人芝居「地面の底がぬけたんです」は、国立療養所邑久光明園に入所されておられた故藤本としさんの同名の自伝的エッセイ集に基づくものです。

岡山でも、2003年に結純子ひとり芝居実行委員会をつくり上演会を行い、「結純子のひとり芝居岡山公演報告集」も刊行しました。

「藤本さんの人生を通して、人間の強さ、美しさを伝えたい。」との思いで演じ続けてこられた、その舞台は、ほんとうに感動的なものでした。

また、岡山で上演会が開催できればと考えています。

拍手[0回]

PR